banner

相続税の節税

相続税の節税について

相続税とは死亡した人の財産などを取得した時や、遺言状などにより、財産を相続したときに発生する税金です。相続人が相続した財産の額が一定以下であれば、税金はかかりません。相続税の申告と納税は、相続開始日の翌日から10ヶ月以内に死亡した人の死亡した当時の住所地の税務署に対して行なわなければなりません。相続税については合法的に節税する方法があります。例えば現金や預金を相続した場合、評価の圧縮が一切はかれません。この現金や預金に対しては、評価額が時価よりも低いものに組み替えることが検討できます。現金や預金でないものに組み替えることによって、評価額が下がるものもありますので注意が必要です。例えば不動産などがそうです。相続といって特に思い浮かべるのは現金や預金の他に、土地や建物があります。これらに対しても節税対策があります。別荘の相続は、相続税評価額は100%です。しかし、別荘を同族の会社に貸し付けているというケースであれば、土地の借地権割合が仮に70%だとして、70%×30%(借地権割合)の21%が評価減されます。遊休地は貸すという対策を必ず組み入れて下さい。また、自宅兼借家と言うのは、壁の位置を少しずらしただけで、相続税の評価額が大きく変わってきます。自宅は100%の評価なのに対して、借地は評価減の対象になる可能性があります。ただし、小規模な宅地は評価減になる可能性があります。自宅は240平方メートル、事業用地は400平方メートルの範囲内で評価額がマックスで80%引きになる制度です。このように要件が明確ですので生前からの対策をおすすめします。これまで紹介した対策とは少し違いますが、相続人を増加させるというのも一つの手段です。ただ、かつてこの方法は流行したために、現在では相続人の数に制限がかけられています。実子がいる場合、法定相続人は1人追加できます。また、実子がいない場合は、2人までが法定相続人に追加できる人数になります。繰り返しになりますが、現在では相続人の数に制限がかけられています。この方法は、やらないよりやったほうがいい節税対策として考えて下さい。相続税は相続などで取得した財産や、それ以前に相続時清算課税の適用をうけた贈与財産の価額の合計額が、「基礎控除額」をこえる場合に、こえる部分に対して課税されます。被相続人から受け取った大切な財産ですから、しっかりと節税対策をして、少しでも多く手元に財産を残しましょう。

Copyright(c) 2014 相続税にまつわるお話 All Rights Reserved.