banner

相続税の控除内容

相続税の配偶者控除の内容とは

被相続人が亡くなった時、相続をする人は相続税を支払う必要があります。相続税納付にあたり申告書の作成が必要となりますが、その際に相続人が配偶者の場合には特例が設けられています。これは「配偶者控除」という優遇措置で、税額を軽減する事が出来る事になっています。

その場合の課税価格の金額が法定相続分までの相続に関しては相続税が掛からない事になっています。もし法定相続分を越えた金額を相続した場合でも、1億6,000万円までは税金が掛かりません。そして1億6,000万円を越えても法定相続分であれば税金が掛からない事になります。相続税の支払いが生じる場合とは、前者では1億6,000万円を超えた相続額、後者は法定相続分を越えた相続額との差額についてそれぞれ税金が掛かってきます。

配偶者控除を受ける為には、申告書の作成だけではなく他にも必要な書類を揃える事となります。それは申告書の提出時に添付をする為の種類となります。戸籍謄本、遺言書、そして遺産分割協議書等の写し等、相続した配偶者の財産の内容が分かるような書類が必要です。そして印鑑証明書も用意しておく必要があります。

申告書の提出は被相続人が亡くなった翌日から10か月以内に行う必要がありますが、もし遺産の分配が期限までに決まらない時には特例の控除を受ける事が出来ません。その場合の相続税額は控除を含まない金額が課税価格となります。しかしそれも救済措置があり、「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出をする事により後から還付をして貰う事が出来ます。これは、遺産分割が期限までされなかった事実や、今後の分割の見込み等を記した書類です。

書類を提出した後に、3年以内に遺産の分割が決まった場合には、その日の翌日から4か月以内に税務署に更生の手続きをすると、払い過ぎた相続税の還付を受ける事が出来ます。

もし3年を過ぎてもまだ遺産の分割が決まらない時は、3年を過ぎた日の翌日から2か月以内に「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」という書類を税務署長に提出する必要があります。その手続きにより承認をされると更にその期限を延長して貰う事が出来ます。

その後に分割が決まれば、決まった日の翌日から4か月以内に遺産の分割を行い、更生の手続きをすると払い過ぎた相続税を還付して貰う事が出来ます。所定の期限に間に合わない場合でも適切な手続きをする事で、優遇措置を受ける事が出来るという事です。

Copyright(c) 2014 相続税にまつわるお話 All Rights Reserved.