banner

相続税納付の期限

相続税納付の期限とその詳細について

財産を持つ人が亡くなるとその財産を相続する権利のある人は、相続人となります。財産を相続すると居住する地域の管轄となっている税務署に相続税の申告と納付をする義務が発生しますが、その期限とは財産を残した被相続人が亡くなった翌日からカウントされ、その期間は10か月以内となっています。例えば、1月20日に被相続人が亡くなった場合は11月20日までに相続税を納付しなくてはなりません。納付期限は必ず守らなくてはならないもので、納付が遅れると別に延滞税が発生するので注意が必要です。納付場所は税務署の他に金融機関や郵便局でも取扱いをしているようです。

納税をする時は、基本的に現金で一括で支払う事になっています。それでもその納付方法には特例もあって、分割で納める事の出来る延納と、相続した物自体で納付する物納があります。延納の場合には一括で支払うのとは違って利子税が発生する事になりますが、通常は5年以内の分割期間となっています。延納で納付出来るのは税金に充てる現金が無い場合です。相続した物が現在住んでいる家や土地である場合には、現金での納付は難しいという事になります。

物納について注意したいのは、例えば納付する物が土地であった場合には、実際に評価される土地の価値よりも低めに計算される事が多いという事なので、注意をする必要があります。また、申告をしてから実際に納付をするまでの間には利子税が加算されるので、併せて注意をする必要があります。

これらの物納や延納を適用して貰う為には、申告の期間内にその手続きを行う必要があるので、相続税を支払う現金が無い時には、税務署にその旨の相談をする事が大切です。

ところで納税の前には相続税の申告が必要になりますが、この申告の期限と納税と同じに被相続人が亡くなった翌日から10か月以内という事になっています。申告の場合も納税と同じく期限は遵守する必要があり、遅れると別に加算税が発生するので注意が必要です。加算税については申告の遅れだけではなく、実際に相続した金額よりも少なく申告した場合にも支払いの義務が発生するので、併せて注意をしなくてはならないという事です。

相続をする時にスムーズにその手続きが進むのならば問題なく手続きをする事が出来るはずですが、相続問題で家族間等でトラブルとなる場合には、なかなか10か月以内に申告や納税が出来ない事もありますが、その場合には法律で定められた通りの方法で仮に財産を分割して、申告や納付をする必要があります。そして正式に財産の分割が終了した時にはその過不足分を清算する事になります。

 

 

 

Copyright(c) 2014 相続税にまつわるお話 All Rights Reserved.